メリット

資金活用

資金の効率的運用ができます。

一度に多額の購入資金が不要です。リースなら月々一定のリース料のお支払いだけで済みますので、購入による資金の固定化を防ぎ運転資金を留保できると同時に、その資金を効率的に活用できます。

100%融資

100%借入れと同じ効果。

機械設備等の調達にリースを導入することで、金融機関からの借入枠を残したまま、設備投資について実質上100%の融資効果が得られます。またリースには通常、担保が必要ありません。

毎月定額

リース料は毎月定額です。

機械設備等のコストは、リース料という形で明確に把握できますので、原価計算が簡素化できると同時に原価意識の徹底が図れます。また、リース料は通常月々一定の金額ですので資金計画が立てやすくなるとともに、金利変動リスクを回避できます。

事務削減

事務の合理化が図れます。

機械設備等を購入した場合、資金調達、償却事務、諸税の申告・納付、保険の諸手続きなどいろいろな煩わしい管理事務処理が発生します。
リースならリース会社がこれらの事務一切をお引き受けいたしますので、事務の合理化・効率化が一段と促進できます。

陳腐化防止

陳腐化リスクを防止。

機械設備等は現在のように技術革新の激しい時代において、法定耐用年数と実質経済耐用年数とに格差があり、導入した設備が陳腐化する危険性があります。
リース期間は一般的に法定耐用年数より短く設定できますので、常に最新鋭の機械設備等が使用でき、技術革新にも迅速に対応できます。

環境対応

適正に物件処分ができます。

使用が終了した機械設備等は、リース会社へ返却すれば環境関連法制に則った適正処理をリース会社が行いますので、環境問題のリスクを回避することができます。

迅速対応

契約手続きが迅速です。

お申込みからご契約まで手続きが迅速のため、設備投資のタイミングを逸することがありません。

ページトップへ